今月のまとめ
・150616 長友、宇佐美のサポートを約束「前に残ってプレーできるようにね」
・150615 初戦に大勝し高揚するシンガポール主将「日本は全くレベルの違う相手」
・150615 岡崎、カズ以来の4戦連発に意欲「自分の価値を証明することになるので、頑張りたい」
・150615 ハリルホジッチ監督「100%でない選手がいるなら10分で替えるかもしれない」
・150615 ハリルホジッチ監督、W杯予選初戦には「罠が仕掛けられていると思っている」
・150615 森重、同じ年生まれの槙野を意識「もう一度定位置を奪いたい」
・150615 球際の強さも、人間性も見逃さない!ハリルホジッチのJリーグ視察論
・150615 通算13度目の退場処分の森勇介、またも乱暴な行為で一発退場
・150615 宇佐美、完全復帰を誓うなでしこ岩渕に“切磋琢磨”のエール
・150614 東京ヴェルディ、愛媛・西岡の劇的AT弾に沈む
・150614 ブラウブリッツ秋田、2点先制も福島に逆転負け
・150614 レノファ山口、町田に敗れ今季ホーム初黒星
・150614 伊佐がJ初ゴールも…大分、金沢と分けて9試合勝利なし
・150614 2点ビハインドから追いつく…アビスパ福岡、アウェーで千葉と分ける
・150614 ジュビロ磐田、敵地で長崎を下し2位キープ
・150614 EURO2016 ドイツ、ジブラルタルに7発大勝
・150614 ハリルホジッチ監督、“格下専用システム”4−1−2−3導入
・150614 EURO2016 ロナウド3発!ポルトガル、アルメニアの追撃振り切り勝利
・150614 今年23歳になるプラチナ世代、宇佐美「僕らが引っ張っていく気持ちを持たないと」
・150613 ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、ACミラン移籍へ…移籍金3500万ユーロ(約49億円)
・150613 なでしこ、カメルーンを下し決勝T進出決定
・150613 シャルケ、アンドレ・ブライテンライター氏の監督就任を発表
・150613 宇佐美の海外再移籍について、G大阪・野呂社長「新スタジアムでプレーしないでということはないでしょう」
・150613 本田が29歳の誓い「若いころの成り上がり精神を捨てない」
・150613 宇佐美、ジュニアユースの先輩・本田に対抗心「あこがれや尊敬ばかりではいられない」
・150613 金田喜稔「彼(宇佐美)はやはりひと味違う」
・150612 イブラヒモビッチ「ミラン復帰のうわさ?メディアが話をでかくして報じているようだが、何もないよ」
・150612 コパ・アメリカ開幕 ホスト国チリ、エクアドルを下し白星発進
・150612 香川、宇佐美との“新コンビ”に手応え!ドリブルで好機を演出
・150612 “カマ7”決定へ…J2讃岐、「カマタマーレ讃岐総選挙」開催を発表
・150612 柿谷の今季をバーゼル地元紙が総評「パウロ・ソウザが指揮官である限り...」
・150612 槙野、得点より完封の守備喜ぶ「監督からかなりプレッシャーをかけられた」
・150611 縦の推進力を生んだ柴崎「スイッチを入れるパスは非常に重要」
・150611 原口が停滞ムード破る代表初得点、トップ下で輝いた
・150611 ドリブルから好アシストの宇佐美「自分らしさを出したかった」
・150611 ハリル体制3連勝でW杯予選に弾み…本田、原口らのゴールでイラクに大勝
・150611 宇佐美、初先発濃厚…努力を覚えた天才にハリルホジッチ監督も「満足」
・150611 J2金沢、昇格目指しライセンス申請書提出へ…市長に協力求める
・150611 清武、右足中足骨の骨折だった…日本で手術へ
・150610 日本代表、川又と清武が負傷…ハリルホジッチ監督は協会の日程調整に苦言
・150610 日独ハーフのMF酒井宣福に主審が差別的発言…アビスパ福岡、意見書提出へ
・150610 内田篤人、右膝の手術を受けていた…シャルケが公表
・150610 セレッソ大阪FWフォルラン、母国の強豪ペニャロールへの移籍が決定的に
・150610 長友に新たな移籍先候補、サンプドリアの要請にインテルがOKサイン?
・150610 欧州クラブ買収の本田、いずれは国内クラブも?
・150609 本田圭佑、SVホルンへの経営参入が正式決定…今月下旬にトライアウトも
・150609 松本サポ「クラブハウスも足場が取れて竣工間近」
・150609 フィオレンティーナ、モンテッラ監督の解任を発表
・150608 ボルシアMG、浦和MF関根らを視察
・150608 山口サポ「応援しに行きたいけど、女1人で行っても平気?」
・150607 岸田が大爆発!レノファ山口、藤枝を4発粉砕
・150607 鹿児島ユナイテッド FC大阪を下し、第1ステージ最終成績は4位
・150607 松本サポ「緑が大嫌いってチャントありゃなんだ?」
・150607 後半の猛攻実らず…松本山雅、FC東京に敗れ今季初の3連敗
・150607 水戸ホーリーホック、柱谷哲二監督の解任を発表
・150606 今季7度目の1−0勝利…アビスパ福岡、徳島を下し4位浮上
・150606 本田圭佑、オーストリア3部SVホルン買収へ…実質オーナーに
・150606 マンチェスターUのFWファン・ペルシー、ラツィオ移籍の可能性浮上…伊紙報じる
・150606 ハリルホジッチ監督が取材規制、全選手対応から4人程度に変更へ
・150606 チョン・モンジュン氏、FIFA再建へプラティニ氏と会談を予定
・150606 ジーコ「あそこ(カタール)にサッカーはなく、サッカー文化のない国でW杯はできない」
・150605 チェルシー、新たなD・コスタを獲得か…移籍金は2000万ポンド(約38億円)
・150605 ザルツブルク、J2京都からMF奥川雅也を獲得…レンタルでオーストリア2部へ
・150605 松本山雅、ルーマニア1部パンドゥリイのブラジル人FWエリック・デ・オリベイラ獲得へ
・150604 元ドジャース捕手マイク・ピアッツァ氏、破産のパルマ買収に意欲
・150604 酒井高徳、高額年棒ネックで放出候補か…独紙報じる
・150604 リヴァプール、マンチェスターCからイングランド代表MFミルナーを獲得
・150604 バルセロナ、FWペドロと契約延長で合意
・150604 ユヴェントス、パレルモからFWディバラを獲得…移籍金は3200万ユーロ(約44億円)
・150604 ユベントス、DFキエッリーニのCL決勝欠場を発表…一方イニエスタはメンバー入り
・150604 カペッロ「言っておくが、ユベントスを舐めないほうがいい」
・150603 ACミラン、一両日中にもミハイロビッチ新監督誕生か…ガゼッタ紙報じる
・150603 岡崎慎司、レスターからのオファーなし?マインツGMが報道を否定
・150603 アルビレックス新潟、中盤の要レオ・シルバが胆のう摘出
・150603 長友 両サイドやる!5月、ハリル監督からの打診に即答
・150602 2部練習で追い込む日本代表、長谷部「マガトさんに比べれば、先が見えているので…」
・150602 クロップ「思い出を整理することは意味があると思う。しばらくの間、休養する」
・150602 口座公表から1日で目標額達成…J3秋田、遠征募金活動終了
・150602 セレッソ大阪FW玉田「攻撃に関しても、守備に関しても共通意識でやれていない」
・150602 代表落選の大久保「しょせんは海外組でしょう」「フェアじゃない」
・150602 13年東アジア杯以来の日本代表復帰…原口元気「僕はここから上っていかないと」
・150602 ACミランDFサパタ「選手たちはインザーギ監督と問題を抱えたからね」
・150602 W杯連覇へ…なでしこFW川澄「日本の組織は世界一だと思っている」
・150602 山田先発のカールスルーエ、あと一歩及ばず…HSVが崖っぷちから1部残留をもぎ取る
・150601 バルセロナB、5年ぶりとなる3部降格決定
・150601 FC東京MF米本拓司、左膝内側側副じん帯損傷で全治1カ月
・150601 京都サンガMF奥川雅也、オーストリア1部ザルツブルク移籍が決定的

EURO2016 ロナウド3発!ポルトガル、アルメニアの追撃振り切り勝利【150614】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/14(日) 03:15:50.90 ID:???*.net

先制点はスーパーゴール

ポルトガル代表は13日、EURO2016予選グループIの試合が行われ、アウェイでアルメニアと対戦した。

勝ち点9を積み重ねるポルトガルは現在グループ順位1位。対するアルメニアはグループ順位4位。最新のFIFAランキング84位のアルメニアだが、昨年11月に行われた同カードの対戦でポルトガル代表は苦戦。クリスティアーノ・ロナウドがゴールを奪い、1-0で辛勝していた。

ドルトムント所属のMFヘンリフ・ムヒタリアンを擁するアルメニアが、ボールを動かしながらポルトガルゴールに迫る。均衡を破るゴール生まれたのは14分。ゴール正面の位置やや遠目の距離でフリーキックを獲得すると、キッカーのMFマルコス・ピッゼッリが強烈なロングシュートを放つ。ボールはクロスバーの下を叩いたものの、ゴールラインを割る。なんとアルメニアが先制点を挙げ、ポルトガルからリードを奪う。

追いつきたいポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドとスポルティング・リスボンに所属するナニが連携から突破を図るも決定的なシュートを打つまでに至らない。さらに、中央のMFコエントランからFWダニーにスルーパスを送り、ディフェンスラインを突破する場面もあるもクロスは味方につながらず。本職はサイドバックのコエントランがこの試合、インサイドハーフとしてプレイし、攻撃のチャンスを作り出す。

得点の必要なポルトガルが好機を迎える。28分、アルメニアのMFムヒタリアンがMFジョアン・モウチーニョを倒してPKを獲得。キッカーはロナウドが冷静にゴール右隅に流し込んで同点とし、試合を振り出しに戻した。

しかし、その後もポルトガルは主導権を握って試合を進めることができない。センターフォワードとして出場したクリスティアーノ・ロナウドは、アルメニア守備陣が作るブロックの外でしかボールを受けられず。サイドから攻撃の糸口を探すも、すでにデフェンスラインが下がりきり、クロスを挙げてもアルメニアDFに弾かれる。

試合全体を通してボールを動かしたアルメリアが善戦。ポルトガルは少ない決定機をものにして1-1で後半を迎える。

後半から、ボールを支配ししたのはアルメニア。先制点を挙げたピッゼッリがミドルシュートを放つ。ボールは枠を捉えきれないが、ゴールの予感が漂った。ところが、一瞬の隙をつきロナウドが55分に追加点を挙げる。GKとDFの間にこぼれたボールを、ロナウドが右足を伸ばして触れてネットを揺らす。さらに58分、再びロナウドがGKから逃げる弾道のミドルシュートを放ち、リードを2点に広げてハットトリックを達成する。

試合の流れが変化したのは62分。MFティアゴが2枚目のイエローカードをもらい、ポルトガルは10人で戦うことに。すると72分、途中出場したアルメニアMFアラス・エズビリズがシュートを放つと、GKルイ・パトリシオがキャッチに失敗。こぼれたボールをDFフライル・ムコヤンが蹴り込んで、アルメニアが一点差に迫る。

追いつきたいホームのアルメニアは、試合終盤、ポルトガルDF陣が密集する場所でボールを受けたエズビリズがシュートを放つも、枠をとられきれない。後半に2点の追加点を挙げたポルトガルが3-2で勝利。勝ち点を12に積み重ねてグループ順位1位をキープした。

[スコア]
アルメリア 2-3 ポルトガル

[得点者]
アルメニア:マルコス・ピッゼッリ(14分)、フライル・ムコヤン(72分)
ポルトガル:クリスティアーノ・ロナウド(19分、55分、58分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00010000-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(日)3時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00010000-theworld-socc.view-000
ハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウド



続きを読む
タグ:EURO2016

今年23歳になるプラチナ世代、宇佐美「僕らが引っ張っていく気持ちを持たないと」【150614】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/14(日) 02:07:15.20 ID:???*.net

 今合宿のメンバーで92年生まれのいわゆるプラチナ世代はFW宇佐美貴史(G大阪)、MF柴崎岳(鹿島)、FW武藤嘉紀(F東京)の3人。ブラジルW杯後のアギーレジャパン、ハリルジャパンで頭角を現し、今や日本代表に欠かせない存在となりつつある選手たちだ。

 この日、29歳の誕生日を迎えたFW本田圭佑は11日のイラク戦(4-0)後に「若い選手が結果を出し始めている中で、それに負けないように結果を出さないと競争には勝っていけない」と危機感を口にしながら、若手の台頭を歓迎していた。

 ただ、柴崎が「(自分が)若いという意識はそんなにない」と話すように、今年で23歳になるプラチナ世代は、世界的に見れば決して若くない。宇佐美も「もう23歳だし、僕らの世代がもっと出てこないといけない。上の世代に頼ってばかりではいけないし、僕らが引っ張っていく気持ちを持たないと、チームは底上げされない」と力を込める。

 この日行われたゲーム形式の練習では、イラク戦と同じメンバーが主力組を構成。16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦(埼玉)も宇佐美、柴崎の2人は先発が濃厚だ。宇佐美はザックジャパン時代の2012年11月14日に敵地で行われたW杯アジア最終予選・オマーン戦(2-1)に招集されていたが、出場機会はなかった。柴崎を含め、シンガポール戦に出場すれば初のW杯予選となる。

 過去に最も印象に残っているW杯予選を聞かれた宇佐美は、2013年6月4日に埼玉スタジアムで行われたW杯アジア最終予選・オーストラリア戦を挙げた。「一番最近だし、(テレビで)リアルタイムで見ていたので。最後、PKになって、(本田)圭佑くんがど真ん中に決めて……」。1点ビハインドの後半アディショナルタイムに本田のPKで追いつき、1-1のドローでブラジルW杯出場を決めた一戦だ。

 格下相手のゲームが続くアジア2次予選。相手が引いてくることも予想されるだけに、個の力の重要性も高まる。「後ろを固められたら、個ではがすプレーが必要。ボールを回す、キープするポゼッションが大前提にある中で、相手をはがすプレーや個で打開するところがより多く出れば、崩せない相手じゃない」。宇佐美は自信たっぷりに言い切った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00676681-gekisaka-socc
ゲキサカ 6月13日(土)21時16分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00676681-gekisaka-socc.view-000



続きを読む

シャルケ、アンドレ・ブライテンライター氏の監督就任を発表【150613】

1 :ゴアマガラ ★@\(^o^)/:2015/06/13(土) 17:58:24.48 ID:???*.net

シャルケは12日、クラブの公式ウェブサイトで、新監督にアンドレ・ブライテンライター氏(41)を招へいしたことを発表した。契約期間は2017年までの2年となっている。

ロベルト・ディ・マッテオ前監督が退任したシャルケは、ベルギー代表のマーク・ヴィルモッツ監督やアウクスブルクのマルクス・ヴァインツィアル監督への関心も報じられていた。

だが、ヴァインツィアル監督にはオファーを断られたようだ。そして、ヴィルモッツ監督からの返答を待たずして、パダーボルンを1部昇格に導いたブライテンライター監督の招へいを決めた。

パダーボルンは最終的に1年で降格することになったが、序盤戦で一時は首位に立つ活躍も見せている。ブライテンライター監督はその手腕を高く評価され、シーズン中にほかのクラブが監督を解任するたびに、後任候補の一人として伝えられていた。

シャルケのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は、クラブの公式ウェブサイトで次のように述べている。

「適切な指揮官を見つけることができ、とてもうれしい。ディ・マッテオの退任後、私は新監督に期待することを強調してきた。魅力的で情熱的、そして攻撃的なサッカーと、ファンを熱狂させるチームスピリットだ」

「ブライテンライターは、我々の目標に適した人物だ。彼は全員を、完全にそう納得させた。若く、勇敢で、大変な決断を下すのにも怖気づかない指揮官だよ。パダーボルンでは、若手を成長させることができ、規律を植えつけ、チームを向上させられることを示してきた」

ヘルトSDは次のように続け、ブライテンライター監督とは長期プロジェクトを考えていると強調した。

「パダーボルンは見事に昇格を果たし、ブライテンライターはハードワークをして、非常に制限されたリソースながらも成功を収めた。チームの限界を引き出し、見事なサッカーをしたね。我々もここでそれをやらなければいけない」

「交渉するなかで、ブライテンライターは現在のスポーツ面の状況を正確に分析し、いかにチームを成功へと導くかのコンセプトを示してくれた。我々がシャルケで見たいと願う展望をね。これが短期間の計画でないことは明確にしなければいけない。彼には必要な時間が与えられる」

なお、ヘルトSDが2011年3月に強化部長に就任してから、ブライテンライター監督は5人目の指揮官となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000033-goal-socc



続きを読む

本田が29歳の誓い「若いころの成り上がり精神を捨てない」【150613】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/14(日) 01:34:37.65 ID:???*.net

 29歳の誕生日。練習後の取材タイムに報道陣から「ハッピーバースデー」の歌とともにバースデーケーキをプレゼントされると、FW本田圭佑(ミラン)は一瞬驚いたような表情を浮かべ、頬を緩ませた。

「29」のろうそくに灯された炎を吹き消すと、顔をやや紅潮させながら「ありがとうございます。僕はみなさんに笑顔をあまり出すタイプではないので、祝ってもらえるのはうれしいんですけど……」と照れくさそうに言った。

 6月13日生まれの本田にとって、誕生日はこれまでもほとんどの場合が国際Aマッチデーの期間中だったが、孤高の戦士といった印象の強い本田だけに、報道陣主導のこのようなサプライズは今までなかった。

 チームメイトからも、「試合前ですし、おめでとうと言われたくらい」。それでも20代最後の1年に突入したことについては感慨深く思っている様子で、「1試合への重みをこの年齢にして非常に感じるようになってきている。若いころに感じていた成り上がり精神みたいなものを捨てずに、1試合に懸ける思い、絶対に勝つんだという思い、何があっても勝つんだという気持ちをもっと強く持っていきたい」と言葉に力を込めた。

 国際Aマッチ通算得点は現在、奇しくも年齢と同じ29ゴールだが、「もう29点も取ったかという印象だし、こないだ大阪で1点取ったなと思い出すくらい、時が経つのは早い」と、09年5月27日に長居スタジアムで行われたチリとの親善試合で代表初ゴールを決めたときのことを述懐しながらしみじみ言った。

「時の流れの早さに怖さを感じている。1秒たりとも無駄にできないと普段から口にしているが、それを体現する難しさ。これから何試合できるか分からないですけど、1点でも多く取っていきたいと思っています」

 ギラギラしていた若き日々の情熱を忘れないと誓う本田。年下のメンバーがどんどん増えていく中でさらに存在感を増しながらハリルジャパンをロシアW杯へと導いていく決意だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00676760-gekisaka-socc
ゲキサカ 6月13日(土)21時42分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00676760-gekisaka-socc.view-000



続きを読む
タグ:本田圭佑

宇佐美、ジュニアユースの先輩・本田に対抗心「あこがれや尊敬ばかりではいられない」【150613】

1 :ゴアマガラ ★@\(^o^)/:2015/06/13(土) 21:59:49.43 ID:???*.net

 日本代表FW宇佐美貴史(23)=G大阪=が13日、G大阪ジュニアユースの先輩で、この日29歳の誕生日を迎えた同代表FW本田圭佑に、尊敬と対抗のまなざしを向けた。

 シンガポール戦(17日・埼スタ)に向けて埼玉県内で行われた練習では、戦術練習で右FWの本田とともに主力組の左FWに。サッカーをしていた宇佐美の兄が本田と知り合いだったことから、子供のころから面識があった二人。宇佐美は本田とともにピッチに立つことを「圭佑君はどうかわからないけど、僕は感慨深い」と口にした。

 その一方で「攻撃が(本田のいる)右ばかりになってはいけない。左も武器にならないと。あこがれや尊敬ばかりではいられない。もう23歳ですし、上に頼ってばかりではいけない」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000166-sph-socc



続きを読む
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。