今月のまとめ
・150616 長友、宇佐美のサポートを約束「前に残ってプレーできるようにね」
・150615 初戦に大勝し高揚するシンガポール主将「日本は全くレベルの違う相手」
・150615 岡崎、カズ以来の4戦連発に意欲「自分の価値を証明することになるので、頑張りたい」
・150615 ハリルホジッチ監督「100%でない選手がいるなら10分で替えるかもしれない」
・150615 ハリルホジッチ監督、W杯予選初戦には「罠が仕掛けられていると思っている」
・150615 森重、同じ年生まれの槙野を意識「もう一度定位置を奪いたい」
・150615 球際の強さも、人間性も見逃さない!ハリルホジッチのJリーグ視察論
・150615 通算13度目の退場処分の森勇介、またも乱暴な行為で一発退場
・150615 宇佐美、完全復帰を誓うなでしこ岩渕に“切磋琢磨”のエール
・150614 東京ヴェルディ、愛媛・西岡の劇的AT弾に沈む
・150614 ブラウブリッツ秋田、2点先制も福島に逆転負け
・150614 レノファ山口、町田に敗れ今季ホーム初黒星
・150614 伊佐がJ初ゴールも…大分、金沢と分けて9試合勝利なし
・150614 2点ビハインドから追いつく…アビスパ福岡、アウェーで千葉と分ける
・150614 ジュビロ磐田、敵地で長崎を下し2位キープ
・150614 EURO2016 ドイツ、ジブラルタルに7発大勝
・150614 ハリルホジッチ監督、“格下専用システム”4−1−2−3導入
・150614 EURO2016 ロナウド3発!ポルトガル、アルメニアの追撃振り切り勝利
・150614 今年23歳になるプラチナ世代、宇佐美「僕らが引っ張っていく気持ちを持たないと」
・150613 ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、ACミラン移籍へ…移籍金3500万ユーロ(約49億円)
・150613 なでしこ、カメルーンを下し決勝T進出決定
・150613 シャルケ、アンドレ・ブライテンライター氏の監督就任を発表
・150613 宇佐美の海外再移籍について、G大阪・野呂社長「新スタジアムでプレーしないでということはないでしょう」
・150613 本田が29歳の誓い「若いころの成り上がり精神を捨てない」
・150613 宇佐美、ジュニアユースの先輩・本田に対抗心「あこがれや尊敬ばかりではいられない」
・150613 金田喜稔「彼(宇佐美)はやはりひと味違う」
・150612 イブラヒモビッチ「ミラン復帰のうわさ?メディアが話をでかくして報じているようだが、何もないよ」
・150612 コパ・アメリカ開幕 ホスト国チリ、エクアドルを下し白星発進
・150612 香川、宇佐美との“新コンビ”に手応え!ドリブルで好機を演出
・150612 “カマ7”決定へ…J2讃岐、「カマタマーレ讃岐総選挙」開催を発表
・150612 柿谷の今季をバーゼル地元紙が総評「パウロ・ソウザが指揮官である限り...」
・150612 槙野、得点より完封の守備喜ぶ「監督からかなりプレッシャーをかけられた」
・150611 縦の推進力を生んだ柴崎「スイッチを入れるパスは非常に重要」
・150611 原口が停滞ムード破る代表初得点、トップ下で輝いた
・150611 ドリブルから好アシストの宇佐美「自分らしさを出したかった」
・150611 ハリル体制3連勝でW杯予選に弾み…本田、原口らのゴールでイラクに大勝
・150611 宇佐美、初先発濃厚…努力を覚えた天才にハリルホジッチ監督も「満足」
・150611 J2金沢、昇格目指しライセンス申請書提出へ…市長に協力求める
・150611 清武、右足中足骨の骨折だった…日本で手術へ
・150610 日本代表、川又と清武が負傷…ハリルホジッチ監督は協会の日程調整に苦言
・150610 日独ハーフのMF酒井宣福に主審が差別的発言…アビスパ福岡、意見書提出へ
・150610 内田篤人、右膝の手術を受けていた…シャルケが公表
・150610 セレッソ大阪FWフォルラン、母国の強豪ペニャロールへの移籍が決定的に
・150610 長友に新たな移籍先候補、サンプドリアの要請にインテルがOKサイン?
・150610 欧州クラブ買収の本田、いずれは国内クラブも?
・150609 本田圭佑、SVホルンへの経営参入が正式決定…今月下旬にトライアウトも
・150609 松本サポ「クラブハウスも足場が取れて竣工間近」
・150609 フィオレンティーナ、モンテッラ監督の解任を発表
・150608 ボルシアMG、浦和MF関根らを視察
・150608 山口サポ「応援しに行きたいけど、女1人で行っても平気?」
・150607 岸田が大爆発!レノファ山口、藤枝を4発粉砕
・150607 鹿児島ユナイテッド FC大阪を下し、第1ステージ最終成績は4位
・150607 松本サポ「緑が大嫌いってチャントありゃなんだ?」
・150607 後半の猛攻実らず…松本山雅、FC東京に敗れ今季初の3連敗
・150607 水戸ホーリーホック、柱谷哲二監督の解任を発表
・150606 今季7度目の1−0勝利…アビスパ福岡、徳島を下し4位浮上
・150606 本田圭佑、オーストリア3部SVホルン買収へ…実質オーナーに
・150606 マンチェスターUのFWファン・ペルシー、ラツィオ移籍の可能性浮上…伊紙報じる
・150606 ハリルホジッチ監督が取材規制、全選手対応から4人程度に変更へ
・150606 チョン・モンジュン氏、FIFA再建へプラティニ氏と会談を予定
・150606 ジーコ「あそこ(カタール)にサッカーはなく、サッカー文化のない国でW杯はできない」
・150605 チェルシー、新たなD・コスタを獲得か…移籍金は2000万ポンド(約38億円)
・150605 ザルツブルク、J2京都からMF奥川雅也を獲得…レンタルでオーストリア2部へ
・150605 松本山雅、ルーマニア1部パンドゥリイのブラジル人FWエリック・デ・オリベイラ獲得へ
・150604 元ドジャース捕手マイク・ピアッツァ氏、破産のパルマ買収に意欲
・150604 酒井高徳、高額年棒ネックで放出候補か…独紙報じる
・150604 リヴァプール、マンチェスターCからイングランド代表MFミルナーを獲得
・150604 バルセロナ、FWペドロと契約延長で合意
・150604 ユヴェントス、パレルモからFWディバラを獲得…移籍金は3200万ユーロ(約44億円)
・150604 ユベントス、DFキエッリーニのCL決勝欠場を発表…一方イニエスタはメンバー入り
・150604 カペッロ「言っておくが、ユベントスを舐めないほうがいい」
・150603 ACミラン、一両日中にもミハイロビッチ新監督誕生か…ガゼッタ紙報じる
・150603 岡崎慎司、レスターからのオファーなし?マインツGMが報道を否定
・150603 アルビレックス新潟、中盤の要レオ・シルバが胆のう摘出
・150603 長友 両サイドやる!5月、ハリル監督からの打診に即答
・150602 2部練習で追い込む日本代表、長谷部「マガトさんに比べれば、先が見えているので…」
・150602 クロップ「思い出を整理することは意味があると思う。しばらくの間、休養する」
・150602 口座公表から1日で目標額達成…J3秋田、遠征募金活動終了
・150602 セレッソ大阪FW玉田「攻撃に関しても、守備に関しても共通意識でやれていない」
・150602 代表落選の大久保「しょせんは海外組でしょう」「フェアじゃない」
・150602 13年東アジア杯以来の日本代表復帰…原口元気「僕はここから上っていかないと」
・150602 ACミランDFサパタ「選手たちはインザーギ監督と問題を抱えたからね」
・150602 W杯連覇へ…なでしこFW川澄「日本の組織は世界一だと思っている」
・150602 山田先発のカールスルーエ、あと一歩及ばず…HSVが崖っぷちから1部残留をもぎ取る
・150601 バルセロナB、5年ぶりとなる3部降格決定
・150601 FC東京MF米本拓司、左膝内側側副じん帯損傷で全治1カ月
・150601 京都サンガMF奥川雅也、オーストリア1部ザルツブルク移籍が決定的

ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、ACミラン移籍へ…移籍金3500万ユーロ(約49億円)【150613】

1 :1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/:2015/06/13(土) 20:58:06.97 ID:???*.net

 ポルトガル1部ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(28)が、本田圭佑の所属するACミランへ移籍することがほぼ決定した。

 伊ガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、ポルトの会長が「マルティネスはミランを選んだ。ミランは(移籍金)3500万ユーロ(約49億円)を支払うだろう」と話したという。

 4年契約で年俸は400万ユーロ(約5億6000万円)プラス出来高。南米選手権の開催地チリで身体検査を行い、正式サインとなる見通し。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1491924.html



続きを読む

宇佐美の海外再移籍について、G大阪・野呂社長「新スタジアムでプレーしないでということはないでしょう」【150613】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/13(土) 10:30:14.56 ID:???*.net

 サッカー日本代表は11日に行われた国際親善試合(日産スタジアム)でイラクに4―0で大勝し、ハリルジャパン初陣からの連勝を3に伸ばした。国際Aマッチ初先発のFW宇佐美貴史(23=G大阪)は得点こそ挙げられなかったものの、得意のドリブル突破から1アシストをマークするなど躍動。欧州各クラブから再評価の声も聞かれる中、G大阪の野呂輝久社長(60)からは宇佐美の海外移籍に関する注目発言が飛び出した。

 左FWで先発した宇佐美の最大の見せ場は前半32分だった。MF柴崎岳(23=鹿島)の縦パスを受けると、スピードに乗ったドリブルでペナルティーエリアに侵入。相手DFを引き付け、左でフリーになっていたFW岡崎慎司(29=マインツ)へパスを出し、ゴールをお膳立てした。

 このプレー以外にも、切れ味鋭いドリブル突破やミドルシュートを随所に見せ、持ち味を発揮。得点こそなかったが、後半21分にベンチに退くまで相手に脅威を与え続けた。

 宇佐美はアシストのシーンについて「自分でも行けたし、GKと1対1になって出すか、(DFに囲まれた)あそこ(の場面)で岡ちゃんに出すかを悩んだ。でも、どっちにしろしっかりフィニッシュまで行けたし、ああいうプレーを見せられれば武器になると思う」と満足げに振り返った。

 バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の期待に応え、日本代表で存在感を増しつつある宇佐美だが、Jリーグでも10ゴールを挙げて得点ランクトップタイと好調。かつて失格の烙印を押された欧州各クラブから再評価の動きが出ている。2011年に移籍したバイエルン・ミュンヘンでは出場機会に恵まれず、翌12年に移籍したホッフェンハイムでも輝けなかった過去がウソのような状況だ。

 だが、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)でベスト8に進出し、2年連続3冠に挑戦している今のG大阪にとって簡単に手放せる選手ではない。野呂社長は「現段階では(欧州クラブからのオファーは)きていない」と前置きした上で、宇佐美の海外再移籍についてこう語った。

「将来的には頑張ってほしいが、新スタジアムでプレーしないで(移籍する)ということはないでしょう。本人もそう思っているのではないか。ガンバで育って海外に移籍して、戻ってきて3冠に貢献した選手が新スタジアムの初ゴールを挙げたら、それこそファンやサポーター、みんな喜びますよ」

 大阪・吹田市に今秋完成予定の新スタジアムは、来季からリーグ戦などの公式戦で使用される予定。宇佐美が新スタジアムで“置き土産”となるゴールを決め、欧州へ再挑戦――。そんなシナリオが来夏にも完成するかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000004-tospoweb-socc
東スポWeb 6月13日(土)10時12分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000004-tospoweb-socc.view-000
好プレーを連発した宇佐美



続きを読む

EURO2016 ドイツ、ジブラルタルに7発大勝【150614】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/14(日) 08:07:04.06 ID:???*.net

後半で6得点が入るゴールラッシュに

13日に行われたユーロ予選でドイツとジブラルタルが対戦した。

グループDでポーランドに次ぐ2位に着けるドイツと、ここまでの5試合で勝点を獲得できていないジブラルタルの一戦。世界王者ドイツはこの試合でエジル、ゲッツェ、シュールレが前線では先発し、GKにはヴァイデンフェラーが入った。

試合は9分にドイツが最初の決定機を得る。ヘクターがペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。キッカーを務めたシュヴァインシュタイガーは右を狙ったが、ジブラルタルGKペレスにコースを読まれ、キャッチされた。

得点チャンスを逃したドイツだが、その後もジブラルタルを押しこみ続け、27分にはとうとうゴールをこじ開ける。DFのクリアミスをシュールレが拾い、そのままドリブルでペナルティエリアに侵入し、右足で冷静に流し込んだ。

W杯優勝チームに実力の差を見せつけられたジブラルタルだが、カウンターから幾度かドイツを脅かす。30分にはチポリーナの左サイドからのクロスをゴスリングが中で合わせたが、GKヴァイデンフェラーの正面となり、惜しくも得点には至らない。

前半終了間際にもドイツは決定機を迎えた。44分、DFの裏に抜け出したエジルにボールが送られ、GKと1対1の状況になるも決められず、リードを奪えず。

前半はこのまま終了。ドイツは再三得点チャンスを迎えながらも決めきれず、反対に守備ではジブラルタルにあと一歩で得点を許しかけるなど、不安定な試合運びを見せた1stハーフとなった。

後半は前半とは打って変わってドイツが力を見せつける展開に。47分にゲッツェに代わって入ったクルーゼが得点すると、その4分後にもクルーゼのアシストからギュンドアンがゴールを奪い、スコアは瞬く間に3−0となった。クルーゼのパスはシュールレを狙ったものだったが、手前のギュンドアンはボールを巧みにトラップし、シュートに持ち込んだ。

55分にはジブラルタルのカスチャロがロングボールをコントロールしてシュートに持ち込んだが、シュートは大きく枠を外してしまった。

得点機を逃したジブラルタルにドイツはなおもリードを広げる。56分にギュンドアンがパスカットからドリブルで前線にボールを運ぶと、最後はベララビがシュートし、ネットを揺らした。

その後もドイツはシュールレの2得点など3ゴールを挙げ、試合は7−0で終了。グループDは全10試合の内の6試合を終えてドイツが勝点13で2位に着けた。ドイツは次戦9月4日にグループ首位のポーランドと対戦する。

以下、6試合消化時点でのグループDの順位と暫定勝点。(1位、2位はグループ突破。3位は勝点によっては突破、それ以外はプレイオフへ)

1.ポーランド(14)
2.ドイツ(13)
3.スコットランド(11)
4.アイルランド(9)
5.グルジア(3)
6.ジブラルタル(0)

[スコア]

ドイツ 7-0 ジブラルタル

[得点者]

ドイツ:シュールレ(28, 65, 71)、クルーゼ(47, 81)、ギュンドアン(51)、ベララビ(56)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000027-goal-socc
GOAL 6月14日(日)6時0分配信



続きを読む
タグ:EURO2016

なでしこ、カメルーンを下し決勝T進出決定【150613】

1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2015/06/13(土) 13:01:59.16 ID:???*.net

サンケイスポーツ 6月13日(土)12時57分配信

 女子W杯カナダ大会・1次リーグC組(12日、日本2−1カメルーン、バンクーバー)2連覇を狙う「なでしこジャパン」(FIFAランク4位)が、1次リーグ第2戦でカメルーン(同53位)と対戦し、2−1で勝利した。前半6分にMF鮫島彩が先制ゴールを決め、17分にはFW菅沢優衣香のヘディングシュートで2点目を奪った。後半はカメルーンに攻めこまれ、終了間際に1点を失ったが、なんとか逃げ切った。日本は勝ち点6で、1次リーグ2位以上が確定し決勝トーナメント進出が決定。次回は日本時間17日の1次リーグ最終戦でエクアドルと対戦する。16チームによる決勝トーナメントは同21日に始まる。

 試合は、カメルーンのキックオフで始まった。日本は前半6分、右サイドから崩し、エリア右の川澄が左サイドの鮫島にパスを送ると、フリーの鮫島が左足シュートを決め、日本が先制した。17分にはエリア外の左から宮間がクロスを上げると、ファーサイドの菅沢がジャンプ一番、ドンピシャリで頭で合わせ、2点目を奪った。

 21分、カメルーンのFWエンガナムットに右からの突破を許し、シュートを放たれたが、GK海堀が足で好セーブをみせた。28分にもFWオンゲネにドリブル突破を許し、29分にはエンガナムットにミドルシュートを放たれるなど、カメルーンの攻撃の時間帯が続いた。さらに、41分にはエリア内のエンガナムットにゴール中央に決定的なパスを出されたが、味方に合わず失点は免れた。前半は日本が2−0で折り返した。

 後半は日本のキックオフで始まった。開始直後、カメルーンに右から崩される場面が目立った。日本は10分、川澄に代わって大野が入った。その大野が11分に右から山なりのクロスを上げたが、GKにキャッチされた。

 日本は19分、阪口に代わって澤が入った。22分には、近賀からのクロスに澤がエリア左でヘディングシュートを試みたが、枠を外れた。26分にはカメルーンに押し込まれ、ゴール前で波状攻撃を仕掛けられた。最後はオンゲネに右足シュートを放たれたが、枠を外れた。日本DFは、体を張って怒涛の攻撃をしのいだ。

 45分、FWヌシュットにゴールを決められたが、日本はその後の猛攻をなんとかしのぎ、2−1で勝利した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000508-sanspo-socc
最終更新:6月13日(土)12時57分



続きを読む

ハリルホジッチ監督、“格下専用システム”4−1−2−3導入【150614】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/06/14(日) 07:51:59.36 ID:???*.net

 ◇W杯アジア2次予選E組 日本―シンガポール(2015年6月16日 埼玉)

 ハリルホジッチ監督がW杯予選シンガポール戦に向け“格下専用”攻撃システムを導入した。この日は従来の4―2―3―1から4―1―2―3布陣で練習。守備の比重が高くなるアンカー(中盤の底)に長谷部、トップ下の香川、ダブルボランチの柴崎がインサイドハーフに入った。

 「縦に速く」と言う絶対的なコンセプトは不変。11日のイラク戦と役割の変わる香川、柴崎らに個別で指導する場面も見られた。相手ボールを奪った後、柴崎から相手選手を置き去りにするような縦パスが出ると指揮官は「YES!」。両手を広げるオーバーアクションで絶賛した。

 既にシンガポールの映像も入手。指揮官は相手の力量を見極めた上でシステムも自在に変化させる。DF酒井高は「より前に人をかけられるようにということだと思う」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000013-spnannex-socc
スポニチアネックス 6月14日(日)6時46分配信



続きを読む
タグ:日本代表
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。