今月のまとめ
・150616 長友、宇佐美のサポートを約束「前に残ってプレーできるようにね」
・150615 初戦に大勝し高揚するシンガポール主将「日本は全くレベルの違う相手」
・150615 岡崎、カズ以来の4戦連発に意欲「自分の価値を証明することになるので、頑張りたい」
・150615 ハリルホジッチ監督「100%でない選手がいるなら10分で替えるかもしれない」
・150615 ハリルホジッチ監督、W杯予選初戦には「罠が仕掛けられていると思っている」
・150615 森重、同じ年生まれの槙野を意識「もう一度定位置を奪いたい」
・150615 球際の強さも、人間性も見逃さない!ハリルホジッチのJリーグ視察論
・150615 通算13度目の退場処分の森勇介、またも乱暴な行為で一発退場
・150615 宇佐美、完全復帰を誓うなでしこ岩渕に“切磋琢磨”のエール
・150614 東京ヴェルディ、愛媛・西岡の劇的AT弾に沈む
・150614 ブラウブリッツ秋田、2点先制も福島に逆転負け
・150614 レノファ山口、町田に敗れ今季ホーム初黒星
・150614 伊佐がJ初ゴールも…大分、金沢と分けて9試合勝利なし
・150614 2点ビハインドから追いつく…アビスパ福岡、アウェーで千葉と分ける
・150614 ジュビロ磐田、敵地で長崎を下し2位キープ
・150614 EURO2016 ドイツ、ジブラルタルに7発大勝
・150614 ハリルホジッチ監督、“格下専用システム”4−1−2−3導入
・150614 EURO2016 ロナウド3発!ポルトガル、アルメニアの追撃振り切り勝利
・150614 今年23歳になるプラチナ世代、宇佐美「僕らが引っ張っていく気持ちを持たないと」
・150613 ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、ACミラン移籍へ…移籍金3500万ユーロ(約49億円)
・150613 なでしこ、カメルーンを下し決勝T進出決定
・150613 シャルケ、アンドレ・ブライテンライター氏の監督就任を発表
・150613 宇佐美の海外再移籍について、G大阪・野呂社長「新スタジアムでプレーしないでということはないでしょう」
・150613 本田が29歳の誓い「若いころの成り上がり精神を捨てない」
・150613 宇佐美、ジュニアユースの先輩・本田に対抗心「あこがれや尊敬ばかりではいられない」
・150613 金田喜稔「彼(宇佐美)はやはりひと味違う」
・150612 イブラヒモビッチ「ミラン復帰のうわさ?メディアが話をでかくして報じているようだが、何もないよ」
・150612 コパ・アメリカ開幕 ホスト国チリ、エクアドルを下し白星発進
・150612 香川、宇佐美との“新コンビ”に手応え!ドリブルで好機を演出
・150612 “カマ7”決定へ…J2讃岐、「カマタマーレ讃岐総選挙」開催を発表
・150612 柿谷の今季をバーゼル地元紙が総評「パウロ・ソウザが指揮官である限り...」
・150612 槙野、得点より完封の守備喜ぶ「監督からかなりプレッシャーをかけられた」
・150611 縦の推進力を生んだ柴崎「スイッチを入れるパスは非常に重要」
・150611 原口が停滞ムード破る代表初得点、トップ下で輝いた
・150611 ドリブルから好アシストの宇佐美「自分らしさを出したかった」
・150611 ハリル体制3連勝でW杯予選に弾み…本田、原口らのゴールでイラクに大勝
・150611 宇佐美、初先発濃厚…努力を覚えた天才にハリルホジッチ監督も「満足」
・150611 J2金沢、昇格目指しライセンス申請書提出へ…市長に協力求める
・150611 清武、右足中足骨の骨折だった…日本で手術へ
・150610 日本代表、川又と清武が負傷…ハリルホジッチ監督は協会の日程調整に苦言
・150610 日独ハーフのMF酒井宣福に主審が差別的発言…アビスパ福岡、意見書提出へ
・150610 内田篤人、右膝の手術を受けていた…シャルケが公表
・150610 セレッソ大阪FWフォルラン、母国の強豪ペニャロールへの移籍が決定的に
・150610 長友に新たな移籍先候補、サンプドリアの要請にインテルがOKサイン?
・150610 欧州クラブ買収の本田、いずれは国内クラブも?
・150609 本田圭佑、SVホルンへの経営参入が正式決定…今月下旬にトライアウトも
・150609 松本サポ「クラブハウスも足場が取れて竣工間近」
・150609 フィオレンティーナ、モンテッラ監督の解任を発表
・150608 ボルシアMG、浦和MF関根らを視察
・150608 山口サポ「応援しに行きたいけど、女1人で行っても平気?」
・150607 岸田が大爆発!レノファ山口、藤枝を4発粉砕
・150607 鹿児島ユナイテッド FC大阪を下し、第1ステージ最終成績は4位
・150607 松本サポ「緑が大嫌いってチャントありゃなんだ?」
・150607 後半の猛攻実らず…松本山雅、FC東京に敗れ今季初の3連敗
・150607 水戸ホーリーホック、柱谷哲二監督の解任を発表
・150606 今季7度目の1−0勝利…アビスパ福岡、徳島を下し4位浮上
・150606 本田圭佑、オーストリア3部SVホルン買収へ…実質オーナーに
・150606 マンチェスターUのFWファン・ペルシー、ラツィオ移籍の可能性浮上…伊紙報じる
・150606 ハリルホジッチ監督が取材規制、全選手対応から4人程度に変更へ
・150606 チョン・モンジュン氏、FIFA再建へプラティニ氏と会談を予定
・150606 ジーコ「あそこ(カタール)にサッカーはなく、サッカー文化のない国でW杯はできない」
・150605 チェルシー、新たなD・コスタを獲得か…移籍金は2000万ポンド(約38億円)
・150605 ザルツブルク、J2京都からMF奥川雅也を獲得…レンタルでオーストリア2部へ
・150605 松本山雅、ルーマニア1部パンドゥリイのブラジル人FWエリック・デ・オリベイラ獲得へ
・150604 元ドジャース捕手マイク・ピアッツァ氏、破産のパルマ買収に意欲
・150604 酒井高徳、高額年棒ネックで放出候補か…独紙報じる
・150604 リヴァプール、マンチェスターCからイングランド代表MFミルナーを獲得
・150604 バルセロナ、FWペドロと契約延長で合意
・150604 ユヴェントス、パレルモからFWディバラを獲得…移籍金は3200万ユーロ(約44億円)
・150604 ユベントス、DFキエッリーニのCL決勝欠場を発表…一方イニエスタはメンバー入り
・150604 カペッロ「言っておくが、ユベントスを舐めないほうがいい」
・150603 ACミラン、一両日中にもミハイロビッチ新監督誕生か…ガゼッタ紙報じる
・150603 岡崎慎司、レスターからのオファーなし?マインツGMが報道を否定
・150603 アルビレックス新潟、中盤の要レオ・シルバが胆のう摘出
・150603 長友 両サイドやる!5月、ハリル監督からの打診に即答
・150602 2部練習で追い込む日本代表、長谷部「マガトさんに比べれば、先が見えているので…」
・150602 クロップ「思い出を整理することは意味があると思う。しばらくの間、休養する」
・150602 口座公表から1日で目標額達成…J3秋田、遠征募金活動終了
・150602 セレッソ大阪FW玉田「攻撃に関しても、守備に関しても共通意識でやれていない」
・150602 代表落選の大久保「しょせんは海外組でしょう」「フェアじゃない」
・150602 13年東アジア杯以来の日本代表復帰…原口元気「僕はここから上っていかないと」
・150602 ACミランDFサパタ「選手たちはインザーギ監督と問題を抱えたからね」
・150602 W杯連覇へ…なでしこFW川澄「日本の組織は世界一だと思っている」
・150602 山田先発のカールスルーエ、あと一歩及ばず…HSVが崖っぷちから1部残留をもぎ取る
・150601 バルセロナB、5年ぶりとなる3部降格決定
・150601 FC東京MF米本拓司、左膝内側側副じん帯損傷で全治1カ月
・150601 京都サンガMF奥川雅也、オーストリア1部ザルツブルク移籍が決定的

本田フル出場のミラン、今季最終戦を逆転勝利で飾る【150531】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/05/31(日) 05:42:44.52 ID:???*.net

【アタランタ 1-3 ミラン セリエA 最終節】

 イタリア・セリエA最終節が現地時間の30日行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでアタランタと対戦した。

 復帰から順調に調子を上げている本田は6試合連続先発出場を果たす。

 ミランは前節2ゴールと完全復活を遂げたFWステファン・エル・シャーラウィを中心にアタランタを攻め立てていく。

 それでも17分、アタランタがチャンスを作る。ザッパコスタのクロスにデニスがヘディングで合わせるも、これはクロスバーに阻まれた。

 21分、アタランタに先制点が生まれる。再び右サイドからモラレスのクロスにバゼッリがヘディングで叩き込んだ。

 しかし35分、ミランがPKを獲得する。エリア内でFWパッツィーニが倒されると、これを本人が冷静に沈めた。

 続く38分にはミランが本田の抜け出しから、こぼれ球をボナベントゥーラが押し込み逆転に成功する。

 80分にはボナベントゥーラが再び追加点を奪い、2ゴール目をマークした。

 後半もアタランタの攻撃がミランを脅かすも、なんとか逃げ切り3-1で勝利を収めた。

【得点者】
21分 1-0 バゼッリ(アタランタ)
35分 1-1 パッツィーニ(ミラン)
38分 1-2 ボナベントゥーラ(ミラン)
80分 1-3 ボナベントゥーラ(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010005-footballc-socc
フットボールチャンネル 5月31日(日)5時40分配信



続きを読む

浦和レッズ、アウェーで鳥栖に6発大勝…“鬼門”突破で開幕13戦不敗【150530】

1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2015/05/30(土) 23:46:22.72 ID:???*.net

鹿島 3 - 1 松本 県立カシマサッカースタジアム(17,155人)
 前半5分(松本)酒井隆介
 前半7分(鹿島)赤ア秀平
 前半45分(鹿島)赤ア秀平
 後半46分(鹿島)カイオ

FC東京 2 - 1 柏 味の素スタジアム(23,439人)
 前半32分(東京)三田啓貴
 後半17分(柏)レアンドロ
 後半23分(東京)武藤嘉紀

横浜M 1 - 1 G大阪 日産スタジアム(35,044人)
 前半20分(横浜)アデミウソン
 後半51分(G大阪)オウンゴール

湘南 0 - 0 広島 Shonan BMWスタジアム平塚(11,276人)
 
清水 5 - 2 川崎F IAIスタジアム日本平(13,055人)
 前半7分(清水)ピーター・ウタカ
 前半25分(清水)枝村匠馬
 前半30分(川崎F)レナト
 後半19分(清水)石毛秀樹
 後半28分(川崎F)杉本健勇
 後半35分(清水)石毛秀樹
 後半38分(清水)ピーター・ウタカ

鳥栖 1 - 6 浦和 ベストアメニティスタジアム(19,249人)
 前半31分(鳥栖)水沼宏太
 後半2分(浦和)武藤雄樹
 後半14分(浦和)柏木陽介
 後半18分(浦和)興梠慎三
 後半32分(浦和)ズラタン
 後半39分(浦和)梅崎司
 後半43分(浦和)ズラタン

Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/14/1st
J.league.jp J1順位表:http://www.jleague.jp/standings/j1
SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
明治安田生命:http://www.meijiyasuda.co.jp/

関連スレ
【サッカー】明治安田生命J1 1S第14節昼 甲府3連勝、最下位新潟4連敗 名古屋と山形はスコアレスドロー[05/30]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432969046/
【サッカー】明治安田生命J1 1S第14節夕 仙台アウェーで逃げ切り神戸に勝利[05/30]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432976356/

前スレ ★1=2015/05/30(土) 21:11:16.51
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432987876/



続きを読む

ルイス・フィーゴ氏、現会長の再任に「FIFAは敗北した。何よりも、フットボールが敗北した」【150530】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/05/30(土) 19:23:39.43 ID:???*.net

即時退任を要求

 FIFA会長選への出馬を取りやめた元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏は、会長選で勝利したゼップ・ブラッター会長に即時退任を求めている。衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 フィーゴ氏は、巨額の収賄容疑でFIFA副会長2人を含む首脳陣に逮捕者を出したスキャンダルにもかかわらず、現会長の再任をこう嘆いた。

「今日は(FIFA本部のある)チューリヒにおける新たな暗い日となった。FIFAは敗北した。何よりも、フットボールが敗北した。本当にフットボールを愛するすべての人間もまた敗れたのだ」

 同氏はワールドカップ招致を巡り、収賄容疑の浮 上していたFIFAの浄化を訴え、選挙活動を展開してきた。だが、ブラッター会長がトップに鎮座する現状と、選挙戦の過程で目の当たりにしたその腐敗ぶりに、オランダサッカー協会のミハエル・ファン・プラーグ会長に続き、出馬を取りやめた。

 さらに、現会長のFIFAの支配について「独裁的」と批判していた。

「フットボールが有罪ではないとしても、それを規制すべき体制のリーダーは、品位や誠実性を持ち合わせていない。ブラッター氏は少しでもフットボールのことを懸念するならば、彼は再選を諦めるはずだろう。彼は少しでも威厳を持ち合わせているのなら、数日後には退任するはずだ」

 W杯招致を巡るさまざまな収賄疑惑が噴出するFIFAとそのトップであるブラッター会長を「恥知らず」と断罪したフィーゴ氏。厳しい言葉で、組織浄化のために退陣の決断を促していた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150530-00010008-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 5月30日(土)18時27分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150530-00010008-soccermzw-socc.view-000
ブラッター氏を批判したフィーゴ氏

関連スレ

【サッカー】フィーゴ氏、ブラッター再選で改めて苛立ち 「少しでも常識があれば辞任していた」 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432935192/



続きを読む
タグ:FIFA フィーゴ

FC東京FW武藤嘉紀、ドイツ1部マインツへ完全移籍【150530】

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/05/30(土) 21:15:44.97 ID:???*.net

 ◇J1第1S第14節 FC東京2―1柏(2015年5月30日 味スタ)

 FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)が30日のホーム柏戦後、今夏にドイツ1部マインツへ移籍することが発表された。1−1の後半23分に自ら奪ったPKをきっちり決め、チームを2−1勝利に導くと、試合後、電光掲示板で「武藤嘉紀選手 1.FSVマインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ1部)」と発表された。

 完全移籍で、移籍金は300万ユーロ(約4億800万円)で、契約は2018年までの3年。年俸はプロ2年目としては破格となる推定100万(1億3400万円)という。イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーに続き正式オファーを出したマインツは、日本代表にも定着した武藤の実力を高く評価。ハイデルGMが4月末に強行日程で来日し、破格の条件提示と即戦力の高い評価を与えるなど獲得への本気度を示していたが、その意気込みが破格の数字にも表れた形だ。

 また、試合後には東京FCの公式HPでも発表。武藤の「プレーを通して感謝の気持ちが伝えられるように、全身全霊で頑張ります」というコメントも発表している。

 2月にマインツのユースから内部昇格し、来季の続投が決定的なシュミット監督も武藤を来季の即戦力として、主軸に据える構えという。マインツは堅守速攻が基本戦術。守備中心に速攻を仕掛けるFC東京のスタイルと似ており、武藤もすぐになじめる可能性が高い。

 武藤は慶大3年生の昨季、大学サッカー部を辞めてユースまで所属していたFC東京とプロ契約。その年に就任したイタリア人のフィッカデンティ監督のもと、開幕から定位 置を奪取し、ザックジャパンが惨敗に終わった14年W杯ブラジル大会後に一気にブレー ク。アギーレ前日本代表監督のもとでA代表に初招集され、昨年9月9日のベネズエラ戦 ではアギーレジャパン1号弾を決めた。

 Jリーグでも終わってみれば新人最多タイとなる13得点。ベスト11にも選出され、国内で持ちわびたスターの階段を一気に駆け上がった。

 武藤は6月27日のJ1ファーストステージ終了後に渡独し、メディカルチェックを 経て正式契約を結ぶ。プロ1年目の昨季日本サッカー界を席巻した若きスターはドイツから目標の18年W杯ロシア大会を目指す。

 ◆武藤嘉紀(むとう・よしのり)1992年(平4)7月15日、東京都世田谷区生まれの22歳。4歳でサッカーを始め、05年にFC東京の下部組織入り。ユースまでプレーし、トップ昇格せず11年に慶大に進学。12年にFC東京の特別指定選手となり、13年7月6日の広島戦でJデビュー。慶大サッカー部を退部し、昨季からプロ契約。日本代表にはアギーレジャパンで初招集され、昨年9月9日のベネズエラ戦でアギーレジャパン1号弾となる初得点。日本代表は11試合1得点。1メートル79、72キロ。利き足は右。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000133-spnannex-socc
スポニチアネックス 5月30日(土)21時13分配信



続きを読む

ベガルタ仙台、連帯責任で複数サポーターに無期限入場禁止処分【150526】

1 :casillas ★@\(^o^)/:2015/05/26(火) 23:08:07.48 ID:???*.net

 ベガルタ仙台は26日、複数のサポーターに無期限入場禁止処分を通告したことを発表した。

 問題が起こったのは23日の甲府戦後で、中心サポーター1名がクラブ運営担当に対し、暴言を吐くなど試合運営を著しく阻害する行為を行った。クラブは試合運営管理規程第5条に抵触する重大な違反行為と判断した。

 またクラブによると、同サポーターは昨年4月に行ったJ1第10節川崎F戦でも問題視されるような行為を行い、クラブから再犯の場合は本人はもちろんのこと、複数の中心サポーターが責任を取り、処分を受け入れることを双方で確認していたのだという。

 よってクラブは、該当サポーターだけでなく、複数の中心サポーターも同時に処分。処分は明日27日のナビスコ杯第6節の山形戦より適用される。

 クラブは「サポーターの皆さまには日ごろからの熱い応援に感謝するとともに、今後とも安全で快適な観戦環境づくりを進めてまいりたいと思います。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00598374-gekisaka-socc



続きを読む
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。